書類選考がある求人を選んで成功した事例

転職をする際、一般的には求人に応募し、書類選考と面接選考を経て採用の可否が決定されます。しかし、中には面接のみで選考が行われるものもあり、当日に履歴書などを携えて行けば良いだけになっていることが多いです。転職の際にいくら書類を提出しても面接に呼んでもらえないという人も少なくないため、そのような人にはこのような仕組みの求人は魅力が大きいでしょう。

ところが、面接だけの方が良いと思っていたけれど、あえて書類選考のある求人に応募してみたらすぐに採用されたという事例も少なくありません。書類選考があった方がメリットがあるのです。

典型的なのは30代後半から40代後半程度の年齢で十分にキャリアを積んできたという場合です。書類選考がなく、直接面接を受けてしまうと自分の見た目で良し悪しを判断されてしまいやすく、面接結果にはその場のコミュニケーション能力による影響が大きく反映されてしまいます。

それに対して書類選考がある場合には、事前に面接官が書類に目を通しているので、これから面接に来る人物のイメージを予め作っているのが基本です。ある程度の年齢を重ねていてキャリアが十分にある場合には、優秀な人材だろうというイメージを持ってもらえるでしょう。そして、そのキャリアから判断して魅力的な部分を掘り下げていくような面接選考になることが多く対応しやすくなります。職歴や学歴などが優れている人には書類選考がある方が重要な場合もよくあります。